« ホーム・アロマテラピー基礎コース生徒募集/無料説明会開催 | トップページ | (改訂)”月の癒し”という本 »

NARD認定アロマテラピー教室/Aroma Reineのご紹介

2006年10月4日更新  

Aroma-Reine

アロマテラピー教室・アロマレーヌは、小人数のレッスンスペースで行う、ナードアロマテラピー協会認定教室です。

精油55種を理解し、素晴らしい芳香をブレンド出きる様に指導します。実践的に役立つ認定資格アロマ・アドバイザーを養成します。

Aroma Reine教室のある場所

1、西新潟本校

2、ヨークカルチャーセンター新潟(新潟市本町通6・�025−223−5350)

3、新潟駅前カルチャーセンター(新潟市東大通1三越・ブラザー共同ビル 025−241−4789)  

NARD…国際的な研究・教育機関 ナード・アロマテラピー協会http://www.nardjapan.gr.jpは、ヨーロッパでのメディカルアロマテラピー研究機関NARD(Natural Aromatherapy Research and Development:ベルギー)の日本窓口です。一般から専門分野までアロマテラピーに関する最新情報を提供する機関として、1998年に設立されました。

2004年から独自の研究機関を立ち上げ、各種ハーブの実験農場、蒸留実験、精油の成分分析を行い、大学、各研究機関と提携、研究発表を行っています。

アロマレーヌの講座について無料説明会をご希望の方は下記へどうぞ。

aromareine@neo.nifty.jp

Hajimeni…ご存知ですか?医療のアロマテラピー 20世紀の初頭、フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、精油を用いた療法をアロマテラピーと命名、それ以来アロマテラピーという言葉が使われるようになりました。アロマ=芳香・テラピー=療法で、アロマテラピーは芳香療法、植物療法のひとつです。 ヨーロッパでは、フランスを中心に医療面で活用する研究が行われ、臨床結果を基にしたメディカルアロマテラピーが普及してきました。又、イギリスでは主に美容、リラクセーション、補助療法として、アロマテラピーが取り入れられ、評価を得てきました。 この様にアロマテラピーは、それぞれの環境の中で評価され、現在も各研究機関で研究が行われています。 Classe…資格取得からホームアロマテラピーまで 各クラス定員2〜5人(フリータイムプライベートレッスン可能) (1) アロマ・アドバイザー資格取得(3ヶ月〜6ヶ月) (2) ホーム・アロマテラピー基礎講座(3〜4ヶ月) (3) 各種プチ・アロマ教室 ・昼 間 部  月・水・金   13:30〜15:30  ・夜 間 部  月・水・金   18:30〜20:30  ・フリータイム ご相談の上、ご希望の講座日を設定  *毎月第1・3水曜 14時&18時・無料説明会開催 i>Cours…実践的アロマテラピーのために 【アロマ・アドバイザーコース】 *基礎コース :アロマテラピーの基礎知識、日常での取り入れ方を学び、実際に精油を使ってコロン、化粧水、スキンクリーム、マッサージオイル、入浴剤、石鹸を作ります。     【主な授業内容】 アロマテラピーとは、精油とは、芳香分子の人体への作用、嗅覚と脳の働き、精油に含まれる化学成分、精油の取り扱い上の注意、キャリアオイルについて、精油の薬理作用、美容効果、ホームケアの基礎知識、精油のリラックス・リフレッシュ効果など *応用コース:本コースは、基礎コースからさらに深く学びます。 精油の人体に対する作用、精油の化学について学び、精油を目的に合わせた使用法でブレンドが出来るための知識を実習も加えて習得します。 【主な授業内容】  精油の化学、精油の精神薬理学、トリートメント     専任講師…NARD認定アロマ・インストラクター         

|

« ホーム・アロマテラピー基礎コース生徒募集/無料説明会開催 | トップページ | (改訂)”月の癒し”という本 »

コメント

makiさん。花粉の季節です。
私は今のところ大丈夫なんですが友達が
目から鼻にきてて目の際が切れてしまうほど・・。
私は一昨年の春makiさんから頂いたアロマが効いて今年も
そろそろ車に準備しようかと思ってます。
少しアドバイスを頂きたいのですが・・。

投稿: kazumi | 2005年3月 3日 (木曜日) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NARD認定アロマテラピー教室/Aroma Reineのご紹介:

« ホーム・アロマテラピー基礎コース生徒募集/無料説明会開催 | トップページ | (改訂)”月の癒し”という本 »