« FM-NIIGATA主催のイベントでアロマセミナー | トップページ | 淡路島からやって来たローズマリーです。 »

NARD JAPAN 精油の調香セミナーに参加します

2月18日(土)の新潟アロマテラピー研究会・LFEは、2005年度の活動の締めくくりとして、ローズ精油で天然香水をブレンドしました。 クレオパトラの時代から愛されてきた「練り香」の状態で作ります。丁度リップクリーム状の硬さで仕上がり、体温で溶け、使いやすいアロマです。 まず、精油を数十種香りを嗅いで、一人ひとり自分の好みの香りにブレンドしてゆきます。 ローズとイランイランに、柑橘系(スィートオレンジ、グレープフルーツ)をブレンドする人が多く、とても品良く調香されていました。 香りのブレンドテクニックについて、東京のNARD JAPAN企画本部室でセミナーがあります。(満員) 今月は2月27日〜28日、来月は3月27日〜28日の計4日間。 「ケア目的に合わせた精油の調香実習」 講師は大沼由実先生 英国I.T.E.C認定アロマセラピスト クライアントの要求に応える快い香りの提供はアロマセラピストの努めなのでしょう。精油は本当に素晴らしい香りの宝庫。でも、技術とインスピレーションが無ければ、良い香りどころか、悪臭になることもありますね。 皆さんもこれまで、数種の精油をブレンドしてゆく中で、全く新しい香りが創造され、驚きを感じることがあったことでしょう。 今回のセミナーは、香りに始まり、香りに終わる調香実習。クラシカルなメソッドを学びつつ、想像力に磨きをかけられたらいいな、と思っています。 この春は、精油の奥深さ、香りの可能性についてじっくり学んでみます。もちろん、皆さんにも学んだ技術をお伝えします。 そして、大切なことはそれぞれの感性。 フランス人調香師は休日に、芸術鑑賞で感性を磨くことにも時間、お金をかけるとか・・・。 フィギュアスケートの荒川静香さん。素晴らしく優雅、匂い立つような演技で金メダルを獲得しましたね。他にはないオリジナルの美しさ、ゆるぎない自信を感じました。 きっと彼女もスケート以外で、自分を磨くことを忘れない賢い女性なのでは?とふと感じました。

|

« FM-NIIGATA主催のイベントでアロマセミナー | トップページ | 淡路島からやって来たローズマリーです。 »

アロマ通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FM-NIIGATA主催のイベントでアロマセミナー | トップページ | 淡路島からやって来たローズマリーです。 »