« 公益社団法人 日本アロマ環境協会資格取得コース | トップページ | カカオのアロマ »

ネロリとマジョラム

アロマセラピストのお仕事。

今年も教室運営・講師のお仕事、アロマセラピストのお仕事。

バランスを取りながら、実践し経験を重ねてまいりたいと思います。

さて、本日のお話。

ホリステックアロマテラピーについて少し。

ホリステックとは「全体的な」と訳されます。その人を取り巻く環境(食生活、運動、睡眠、仕事、人間関係ほか)全てに目を向け、症状の原因を探り、その原因にアプローチするのが ホリスティックアロマテラピーです。

ヒトの心と身体は密接につながっています。

心の問題(ストレス)が解消すると嘘のように腰痛が消える、などということもあるのです。

心に働きかける香り=好きと感じる香り

ネロリとマジョラム。

この二つの精油。香りのハーモニーをご想像ください。

 例えば・・・甘く透き通る、温かな木漏れ日の中で妖精が踊るイメージ。

ネロリ(ミカン科)

 学名:Citrus aurantium(Fl)

  抽出部位:花

 主な化学成分:リナロール、リモネン、酢酸リナリル

 治療特性:神経強壮作用 抗うつ作用、抗菌作用、

 主な適応症状:神経性うつ病、神経症、疲労、不眠症 

マジョラム(シソ科)

 学名:Origanum majorana

  抽出部位:花と茎葉

 主な化学成分:テルピネン‐4-ol、γ‐テルピネン、α‐テルピネン、cis -ツヤノール

 治療特性:副交感神経強壮作用、血圧降下作用、血管拡張作用、誘眠作用

 主要適用例:あらゆるタイプの自律神経失調症

 注意事項:乳幼児、敏感肌には50%に希釈する

あるお客さまから頂戴したご感想です。

ネロリとマジョラムのセッション翌日、「身体も軽くなったのですが、何よりも心が元気になったような気がします。」と。

身体のみならず心にも働きかけるアロマテラピーならではのミラクルですね。

私もこの二つの精油はたまに使います。

例えば、ネロリは美容オイルのブレンデイングに、マジョラムはアロマバスに。

ラベンダー・アングスティフォリアやラベンサラ、マンダリンなどとブレンドすると、素晴らしい芳香です。

冬のこの時期、冷えで悩むサロンのお客さまに今、アロマ・フットバスが流行しています。

ご自宅でも実践されている方が増えてまいりました。

実験で、ジェット水流ですと精油の吸着率がさがり、アロマテラピーには向かないということが判っていますので、普通の、深型のバケツタイプが適しています。

1,000円弱のお値段で購入できるようですね。

お試しください。

全身温まります。

|

« 公益社団法人 日本アロマ環境協会資格取得コース | トップページ | カカオのアロマ »

アロマ通信」カテゴリの記事

セラピスト通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネロリとマジョラム:

« 公益社団法人 日本アロマ環境協会資格取得コース | トップページ | カカオのアロマ »