« ローズウッドのお話し | トップページ | アロマ・アドバイザーコース開講決定 »

バニラの香水

アロマ・フレグランス、半年間に渡るレッスンが先日修了しました。

みなさんには修了の記念に「バニラ浸出油」をプレゼント。マダガスカルのバニラ鞘を、新潟の私のリビングの窓辺で抽出したものです。

有名な香水に、バニラの香りは多く登場していますので、香水作りにご利用いただければと。

(*バニラ浸出油は冷暗所に保存で1年ほどは持ちます)

さて、シプレ調の香水実習の時、名香のお手本にと、生徒の皆さまに香りをお試しいただいた、ジバンシーの香水「イザティス」にも、バニラが入っています。

シプレ調の高級香水

 『Ysatis』1984年発表/ジバンシー

 シプレ調はフローラルやオリエンタルよりも強い個性・・・

その香りは、イザティスという名前の響きににて、女性的で、自信に満ちたセクシーなイメージも。

イザティス誕生までのエピソード、ネーミングとコンセプトを決定するまでに18ヶ月もの時間を要したのだそうです。

ジャスミン、エジプシャンローズ、グラース産の植物、フェイレンツェ産イリス、イランイランと、インド産サンダルウッド、ジャワ産パチュリー、クローブ、バニラなどのベース。スパイシーシプレですね。

|

« ローズウッドのお話し | トップページ | アロマ・アドバイザーコース開講決定 »

アロマ通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バニラの香水:

« ローズウッドのお話し | トップページ | アロマ・アドバイザーコース開講決定 »