« 最新号に | トップページ | 続・カタフレイCedrelopsis grevei »

カタフレイCedrelopsis grevei

カタフレイ
新しい香りが手元に届きました。

カタフレイです。

マダガスカルからやってきた、プラナロム社の植物精油。

この精油に添付されている、成分分析表の発行日は2010年10月20日ですので、

この秋、日本初上陸

早速、封を開けます。

主な芳香分子は、イシュワラン

NARD JAPAN編集の「精油事典 ver.6」にまだその名はありません。

来年4月に出版予定の「ver.7」に掲載されるのでしょうか・・・。

カタフレイに含まれるイシュワランは、含有率25.26%。

セスキテルペン炭化水素類です。

カタフレイ

ロット番号 BCGB2 

新しい精油。

手元にあるのは、精油の成分分析表だけ。

でも、充分な情報。

昨夜は、含有の芳香分子を洗い出し、既に経験済みの精油と比較しながらイメージをふくらませて楽しみました。

プロフィールを、フリーハンドで円グラフにしてざっとひも解いてみました。

・セスキテルペン炭化水素類:68.82%

 イシュワランを25.26%

 α‐コパエンは、6.52%(レモンバームやミルラ等に含有)

 β‐エレメンも、6.52%(ミルラ等に含有)

 α‐クルクメン、5,03%(レモンバーベナに含有)

 アロアロマデンドレン、2.97%(タナセタムに含有)

 δ‐カジネン、2.53%(アトラスシダーに含有)

 γ‐ミューロレン0.62%(ロックローズに含有)

・セスキテルペンアルコール類:1.68%

 ネロリドール0.12%(ネロリに含有)

 α‐ビサボロール0.70%(カモマイルジャーマンに含有)

 スパスレノール0.08%(スパイクナード、レモンバーベナ、ランタナに含有)

・モノテルペン炭化水素類:2.43%

 α‐ピネン

 β‐ミルセン

 δ‐3-カレン

・モノテルペンアルコール類:0.28%

 リナロール

 ボルネオール

 テルピネン‐4‐ol

・酸化物類:0.98%

・ケトン類:0.04%

炭素原子15個のセスキテルペンを約70%含んでいますので、非常に肌に優しく、鎮痛作用、抗炎症作用も期待できそう。

心身の疲れを回復させ、痛みを取り除き、ホルモン様作用もあるようです。

さらに、ケトン類のジャスモン含有。

様々な芳香分子が数多く、微量に含まれ、大変バランスの良い香りです。

本日の授業で、ナード・ジャパン認定アロマセラピストコースの生徒さん達とともに、ボディトリートメントにこの精油を使用してみました。

ゼラニウム・エジプトと、ラベンダー・アングスティフォリアとのブレンドで。

すると、夕方には・・・

身体のだるさはありませんが、まるで雲の上を歩いているような感覚に。

今夜はよく眠れそうです

明日は、柑橘とローズマリーか、テルペン系アルデヒド類を含む精油でブレンドして、トリートメントに使用してみます。

カタフレイ、面白い精油。

芳香分子の含有が素晴らしいのに、

お値段は手ごろで4千円台で・・・

ロックローズやミルラ、アトラスシダーの香りにひかれてしまう人は要チェック

皆さんにご購入いただけるのは、11月中旬以降になります。

ご予約いただけますょ

**********************

カタフレイでトリートメントした翌日の様子をご報告します。

尿量の増加。

朝の散歩後(40分間)、体の芯から元気になった感覚がある。

心身ともにバランスが整い、絶好調に。

|

« 最新号に | トップページ | 続・カタフレイCedrelopsis grevei »

アロマ通信」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタフレイCedrelopsis grevei:

« 最新号に | トップページ | 続・カタフレイCedrelopsis grevei »