« 連載原稿「次への一歩」第4回 | トップページ | 認知症が軽減するアロマは? »

ニュージーランド香り旅6

ニュージーランド原産の植物「マヌカ」。

1526699_577332145695204_1324677169_

抗真菌作用が高く、オーストラリア原産のティートゥリー精油と同じ「フトモモ科」の植物です

精油もあり、ニュージーランドでは、

1607061_574554155973003_573205893_n

皮膚の健康を守るためのクリームや石鹸など、様々な日用品に精油がブレンドされています。

マヌカハニーも古くから万能薬としてマオリの人たちの間で珍重されてきたそうです。

1661439_597236387038113_900248162_n

マヌカの花の蜜からミツバチが採取したハチミツ。抗菌作用が高く、胃の中のピロリ菌を殺菌する効果があることで有名なハチミツです。

お肌にも良いのです。

ニュージーランドを旅している時、マヌカハニーをヨーグルトと混ぜて毎晩美顔パックをしているという若い女性に出合いました。
吹き出物には直接塗布しても良いそうです。

マヌカハニーは皮膚に潤いを与え、肌荒れを防ぐと言われます。

実は先日、最近出産した知り合いの内科医(新潟市在住)から、こんな話を聴きました。

「妊婦仲間の口コミで薦められて、妊娠中、インフルエンザ・風邪予防目的で毎日マヌカハニーをスプーン1杯食していた。風邪にもインフルエンザにもかからなかった。」と。

実は、蜂蜜研究の第一人者ニュージーランドの国立ワイカト大学のピーラー・モラン教授の研究によって、マヌカハニーはサルモネラ菌やブドウ球菌などの食中毒菌に対しても抗菌性があることが学術的に証明されています。
皮膚炎、切り傷、火傷、湿疹、ニキビ、歯肉炎、虫歯予防など、様々な治療にも効果が期待されています。

ニュージーランドでは、練り歯磨きにもマヌカハニー配合です。
実は今愛用中です。合成界面活性剤フリーですし、かなりスッキリ使用感最高です!

マヌカハニーの中でも特に抗菌性の高いものを「アクティブ・マヌカハニー」と呼び、抗菌作用をUMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)という数値で表示しています。

写真は、20+UMF。
かなり抗菌性が高いもので、現地で購入しても日本円にして5~7千円程します。

アクティブ・マヌカ・ハニーは全体の中で2~3割ほどしか収穫されない為、高価になりますし、
さらに、先ほどのモラン教授は1994年に「UMFは胃潰瘍の原因であるヘリコバクター・ピロリ菌を死滅させると発表。」世界的に胃潰瘍や胃がん予防に効果が期待されているため、高価な品物になったという経緯がある様です。

下記の写真は、新潟駅の中にある店舗「JUPITER」の棚です。
気軽に購入できます。

UMF数値が高いほど抗菌性も高く、お値段も上がります。

1625481_597236477038104_175499642_n

今、新潟県内でインフルエンザが流行しています。

皆さんの周囲ではいかがでしょうか。

2月19日に新潟県のホームページで発表された情報によりますと、

新潟県内でインフルエンザの報告数が国の示す注意報基準(定点あたり10)を超え、29.64となっています。

関係機関によりますと、インフルエンザは今後も増加が見込まれるとのことですので、心配です。

今現在、もっとも流行しているのは、新発田市(63.88)、
次いで、新潟市(40.77)、魚沼(38.67)の順です。

新発田…

実は先日、新発田に住む方から「妊婦さんのインフルエンザ予防対策」についてご相談をいただきました。

予防の場合、皮膚塗布、芳香浴に加えて、精油のサプリメントを飲用することが効果的とされているのですが、妊娠中の方は飲用をお勧めすることはできません。

植物の天然化合物の中には、インフルエンザ・ウィルスに対して活性の高い芳香成分があります。

なので、精油を最適な濃度と頻度で使用すれば、ある程度インフルエンザなどの感染症を予防することが出来るのです。

高齢者施設に勤務するアロマの生徒さんたちから聞いた話ですが、
アロマテラピー用のデフューザーを複数使用して、適切な頻度と濃度で芳香浴を院内で行うと、インフルエンザに罹患する人がゼロに抑えられた、私は、手洗い、うがい、睡眠、栄養 & アロマテラピーで予防しています。

芳香浴、皮膚塗布、飲用などなど、様々なアプローチがあるのですが、

先ずは予防の為の基本!
外出から戻ったときの手洗いの励行。

十分な栄養と休息。

人混みへの外出を極力さける。

マスクや加湿器の使用なども有効です。




≪参考:マヌカハニーの効果的な食べ方≫

1日3~4回程度、空腹時にスプーン1杯。パンに塗ったり、ヨーグルトに入れて。
熱を加えると成分が壊れてしまうので、そのまま生の状態で食す。

|

« 連載原稿「次への一歩」第4回 | トップページ | 認知症が軽減するアロマは? »

ニュージーランド香り旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランド香り旅6:

« 連載原稿「次への一歩」第4回 | トップページ | 認知症が軽減するアロマは? »