« 東京駅のスモールラグジュアリー✨ | トップページ | みんなのふれあい広場『アロマ香る石鹸作り講座』 »

ラ・フォル・ジュルネ新潟2016

今年のテーマは、

La Nature ナチュール−自然と音楽
ピクニック気分で楽しむ、春のクラッシック音楽祭!



今日は午後からラ・フォル・ジュルネ新潟2016 プログラム発表会へ行ってきました。
プログラム発表会は毎年この時期に、会場となるりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で開催されています。
一般市民の参加も可能なのですが、例年より多くの方々が参加されていました!注目度高いですね。


プログラムを見て、先ず目に付いたのはアキラさんのお名前!

今年、7回目のラフォル・ジュルネ新潟の本公演に、
いよいよ宮川彬良さんが!
宮川彬良とアンサンブルベガ!登場します!!
彼とりゅーとぴあとの関係は、開館記念ミュージカル以来、音楽を通じてとても深いのです。

金曜のコンサートホール最終公演と、
土曜朝一番のコンサートホールに。

土曜の公演では、新潟市ジュニア合唱団の歌で、ミュージカル『シャンポーの森で眠る』より、新潟で生まれたあの名曲を演奏してくれます。
岡本おさみ氏作詞、宮川彬良作曲。

きっと、
客席で、歌える人たくさんいるんじゃないでしょうか?!
私も、その1人。
歌いに行きたいですね〜〜(^_−)−☆

新潟市のラフォルジュルネが、アキラさんの音楽で魅力を増しますね!
ルネ・マルタンさんも楽しみにしている様でした(*^^*)

この音楽祭の目的の一つには、フランスや世界からやってくる音楽家たちと市民との交流が有るとのこと。
あと…
フランスからやってくるこの方たち、気になります!彼らは、10歳から鳥の声を研究しており、100種類以上の鳥の声を模倣できるとか。そして、コンサートの中で、ピアノやヴァイオリンに重ねて、鳥の声を出すそうです*\(^o^)/*気になります✨
今日会場で、ナントでの彼らのパフォーマンスビデオを見せていただいたのですが、、、これは、かなり面白そうです。
クスッと、笑えます。
ルネ・マルタンさん、このコンサートには「ぜひ、お子様から年配の方まで家族揃って来て欲しい。そして、それぞれ違った感情を楽しんで欲しい!」とおっしゃっていました。
もしかしたら、彼の一押しかも。



さらに、今年初の試みとしてチケット提示で入場できる劇場で、本公演に出演するアーティストによるマスタークラス(楽器演奏の講習会)を実施!若手音楽家を指導するヨーロッパの一流アーティストの情熱を垣間見ることができるそうです。ラフォルのチケットを何かしら提示すれば無料ですって〜♩

http://lfjn.jp/lfjn2016/

|

« 東京駅のスモールラグジュアリー✨ | トップページ | みんなのふれあい広場『アロマ香る石鹸作り講座』 »

Aroma Reineのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ新潟2016:

« 東京駅のスモールラグジュアリー✨ | トップページ | みんなのふれあい広場『アロマ香る石鹸作り講座』 »