« 3/5 アロマ女子大情報② | トップページ | アロマ女子大 オープンキャンパス情報③ »

初香2017 森のオーデコロン Cologne

新年最初の初香は、新しい年をしなやかに過ごすため、新しい精油で香りを創造する『ナチュラル フレグランス』を提案させていただきました。


今年は、飛騨高山で出逢った希少価値の高いニオイコブシ精油やクロモジ精油を皆さんにご紹介。



講座テーマは、
『アロマセラピストが提案するマインドフルネスな自然香水』としました。

先日、鶴見の總持寺にて座禅体験をしました。
老師から「今ここにある事に集中してください。」とアドバイスをいただきました。

『調身・調息・調心』。

参考ページ



また、その時ご一緒した方から伺ったのですが、鎌倉のお寺でもマインドフルネスをテーマにした座禅体験の会が首都圏の方々に人気なんだそうです。


集中力や免疫力アップにつながるマインドフルネス。
その際に、馴染みのある森の香りを使えば、雑念が多くなかなか集中できない方でも香りの力で深い瞑想に入って行けそうです。

『初香』参加者の皆さんには、家庭で作る精油救急箱のレクチャーの後、ヒノキやヒメコマツ精油などの香りをテイスティングしていただき、




日本の森の木々から生まれた精油、クロモジやニオイコブシをメインにブレンドするという、贅沢な創香に挑戦していただきました。





この時期、森はすっかり雪に埋もれている様子。
厳しい自然の中でも命を繋いでゆけるほどの精油成分を蓄えられる我慢強い樹木由来の精油。
新潟の女性のハートを直撃した模様です。


参加した皆さんは、ビーカーの中に1滴ずつ精油を落として香りを確かめながら、10分弱でオリジナル香水を創造されました。



クロモジブレンドにヒメコマツとユズを加えた方や、
ニオイコブシブレンドにヒノキ(木部)とユズを入れた方もいらっしゃいました。
やはり、
香りには昔の記憶と結びついている様です。
「懐かしい香り!」という方が多くいらっしゃいましたし、
「深呼吸を誘い大地と体がつながり、芯から浄化される様な感覚」という方も。

好きな香りがそばにあるということ…それだけで、楽しく元気な気持ちになりますね。


直感でもって、自分自身を癒す香りを創造する。
香りと向き合う時間は「マインドフルネス」瞑想そのもの。

ほんの5分程度で『脳をクールダウン』。

香りのある生活。
香りをたずさえ、今年も素晴らしく実りある年になります様に。

皆さまありがとうございました


|

« 3/5 アロマ女子大情報② | トップページ | アロマ女子大 オープンキャンパス情報③ »

アロマ通信」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初香2017 森のオーデコロン Cologne:

« 3/5 アロマ女子大情報② | トップページ | アロマ女子大 オープンキャンパス情報③ »