« バレエと、アロマと私。 | トップページ | 新潟ラベンダー物語から新商品『アロマ香る麦酒』発売開始です。 »

アロマテラピー講師となるために必要なことは?

皆さま、いつも有難うございます。
新潟市西区 西小針台のNARD JAPAN認定校アロマレーヌ 真木美智代です。

この秋に始まったアロマ・アドバイザー資格取得コースのレッスンが終盤戦に入っています。

受講生の皆さまは
資格取得後のイメージをそれぞれ持っていらっしゃいます。

例えば、

身近な方々の心身の不調緩和にお役に立ちたい。

アロマテラピーのワークショップを開催したい。

アロマテラピーの有用性を広めたい。

先日のレッスン冒頭で、
前回作ったアロマクラフトの使用感をそれぞれ詳しく伺い、
今後のアロマケアをアドバイスしつつ、
受講生の皆さまに以下の問いかけをすることからスタートしました。

アロマテラピー講師に必要なことは何ですか?3つ程挙げてください。

皆さまはどう思われますか?



様々な考え方があるかと思いますが、

知識力
毎日コツコツ、精油、植物油、ハーブウォーターの薬理作用、人間の体のことを学ぶ姿勢。

実践力
知識を総動員して現在起こっている心身の不調に精油を正しく使おうという勇気。

発信力
リアルなしゃべりと共にWebからの発信。共感を起こす力。


それぞれ生徒さんの背景とご希望を伺い、
将来の活動を想定して
実践法をアドバイス、
レッスン当初から課題を明確にしつつ進めるようにさせていただきました。

受講した全ての皆さまには、
受講が終わり、
アロマ・アドバイザーとなった後、

アロマテラピーをその後の活動・ライフスタイルに活用していただきたいと願っています




この日は、
痛みを緩和する精油の薬理的作用とメタボリックシンドロームで問題になる内臓脂肪対策に有用な精油選びなどを学び、

痛みや炎症緩和に有用なアロマクリームを、

コチコチに固いシアバターと植物油を使って
シンプルなのに
やわらかくて使いやすいクリームを作りました。



選択する植物油によってクリームの色が変わります。

アロマ・アドバイザーコースで学ぶ6種類の植物油にも
それぞれの薬理的作用が期待できますので、

受講生それぞれ、
「今の自分に必要な精油と植物油を選べる様になりました。」



痛みを緩和するクリームで、
少しでも楽になるといいですね。

筋肉の拘縮緩和や
ダイエット・肥満症の為のブレンドも学んでいただきました。

40種の精油の素顔は
実践することでより明確に理解できるものです。

私も、
この夏の暑さによる疲れが出たのか、
今月上旬に、
帯状疱疹とアレルギー性接触皮膚炎にかかり、
皮膚科を受診。
その後、
自己責任にて皮膚塗布するものは精油ブレンドに切り替えて、
数日間で見事に緩和し、
大ごとにならず、すみました

帯状疱疹は19歳の時から数えて今回、2度めでしたので軽くすみましたし、

皮膚炎の方は、両腕と首から顔に大きく広がりましたが、

皮膚の炎症を鎮める植物油を選択し、
精油選択も考えて、

精油濃度2.5%

塗った瞬間、
熱感、腫れがサーっと引いていく感覚があり、
驚きました!

カロフィラム油とアルガン油を
ハーフ ハーフで。

カロフィラム油は、
強い作用を持っていますので、
必ず、他の
やさしい植物油とブレンドして使います。

興味のある方は是非
お会いした時に
お問い合わせくださいませね




私も皆さまと同じように
精油を愛するものです。

不調となったおかげで、
またこのように、

知識

実践

発信


精油と植物油、
ハーブウォーターを使って健康を取り戻す体験ができて、

ほんとうに良かったと思います。

お読みいただき、
ありがとうございました。


アロマ・アドバイザー資格取得コース
受講希望の方のためのプライベートレッスン、説明会を随時開催しております。

ご希望の日時を第3希望まで書いて、
メールでお問い合わせください。

aromreine@neo.nifty.jp

|

« バレエと、アロマと私。 | トップページ | 新潟ラベンダー物語から新商品『アロマ香る麦酒』発売開始です。 »

アロマ通信」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アロマテラピー講師となるために必要なことは?:

« バレエと、アロマと私。 | トップページ | 新潟ラベンダー物語から新商品『アロマ香る麦酒』発売開始です。 »