« 10月開講!真木美智代オリジナル「アロマテラピー・ベイシック」コロナ禍の秋冬レシピ | トップページ | 女性のためのアロマテラピーセミナー開講しました! »

ラベンダーの気持ち

皆さま,いつも有難うございます。

新潟・ラベンダー物語の真木美智代です。

2014年から今年9年目の活動となったラベンダー。

この夏、ありがたい事に新潟ラベンダー達は、蓼科中央高原の一角に植えていただける方向で話が進んでいます。

八ヶ岳山麓、

まさかの

標高1,100m地帯です。

C79b79e0b2e24c2d983eddac52955255

元々,この品種は

フランスプロバンス地方の原産で、

標高1000m付近と800m付近に力強く生育している2種のラベンダーが自然交配したものです。

もしかして、ラベンダー達は故郷の懐かしい環境で思いっきり根を張り、花を咲かせミツバチと戯れたいのかも知れない。

それで、

立って移動できないラベンダー達は、

新潟と長野に住む私たちの出会いを密かに誘導したのかも知れない。

ラベンダー達が「私たちの行動を支配しているのかも」,そんな気配です(^^)

私、ラベンダーとは今年で9年目のおつきあい。

『ラベンダーに動かされている』というこの感覚はこれまでにも何度もありました。

蓼科中央高原を舞台にハーブを育て人の輪を広げている「畑からの贈りもの」代表の矢崎綾子さんと共に来週にでも、新潟ラベンダーを八ヶ岳山麓に植えます。

また、おととい,偶然のタイミングで長岡へ行く用事があり、ここで力強く生まれた兄弟ラベンダー達も連れてゆく事になりました。

009ed82ec4714b42b16d7c8156b4b421

「私も八ヶ岳へ連れて行って!!」って。

A8af049c61ba44938993c5169543f25a

|

« 10月開講!真木美智代オリジナル「アロマテラピー・ベイシック」コロナ禍の秋冬レシピ | トップページ | 女性のためのアロマテラピーセミナー開講しました! »

アロマ通信」カテゴリの記事

新潟・ラベンダー物語」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。