« 2024年5月 | トップページ

6/30 今年の新潟・ラベンダーフェスタへのわたしの想い。

皆さま、いつもありがとうございます。

新潟・ラベンダー物語/アロマレーヌ

真木美智代です。

 

いよいよ、本日

第10回の新潟ラベンダーフェスタ2024開催します。

1_20240630061001

ラベンダーを耕作されなくなった土地に植えましょう、という話が合ったのが、

2013年の夏。

2014年5月30日に江南区の5aほどの畑に10数名でラベンダー苗を植えて活動がはじまりました。

その当時の様子は、Facebookページ「新潟・ラベンダー物語」にございます。

ご興味のある方はご覧ください。

 

その夏、lavenderは小さな株ながらも立派な花を咲かせます。

これは、精油にしてみよう、ということで

畑活動の費用にもつなげる為、製品化がスタートしました。

 

その頃から「新潟・ラベンダーフェスタ」は、

私のアロマテラピーセミナーと共に始まりました。

以下、本日の内容です。

 

アロマテラピーワークショップが数多くございますが、

ブースは、アロマレーヌ卒業生の

NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー、アロマ・インストラクタークラスの方々が担当します。

 2_20240630061001

 

ちょうど一年前の6月29日、

私はラベンダーのお手入れ中に

高所から落ちて、右手首を骨折しました。

 

不注意からです。

 

その時、幸運にも

一緒に作業していたスクール生さん達、

4名がおりましたので、

その後、病院まで救急車で運んでいただけることとなりました。

 

手術+リハビリ。

 

右手の状態は、

今年の初刈取りの6/24 

ハサミを持てるまでに快復しました。

 

この間、

lesson予定を変更くださるなど、

仕事先の皆さま、

そして、スクール生のみなさん、

バレエ教室の先生方、仲間の皆さん

 

誰よりも、私が不在となった後の

ラベンダーファームに咲く

多くのラベンダーを手分けして

毎日、暑い中

 

大汗をかきながらも全株を刈取り、

私の自宅まで届けてくださった会員の皆さまには、

 

お礼の言葉が見つからない程。

 

ただただ、

ありがとうございます。

Line_album_20230720_240502_2 Line_album_20230705_240502_7 Line_album_20230720_240502_3 Line_album_20230705_240502_2 Line_album_20230703_240502_2 Line_album_20230703_240502_3 Line_album_20230705_240502_3 Line_album_20230705_240502_5

たくさんたくさん

励ましの言葉をいただき、

どうにか、

この日を迎えることが出来ました。

 

昨日、骨折から一年、

ちょうど怪我をした時間帯に、

その時、ご一緒だった生徒さん(私より人生の先輩)から

庭のラベンダー写真とともに

優しいお言葉lineをいただきました。

 

 

「あれから一年すぎましたね🍃もう怪我しないよう十分お気を付けください(*^^*)」

27599

(6/29 R.Oさんのお庭のラベンダー)

有難いです。

骨折は痛い出来事でしたが、

人のやさしい気持ちに触れて、

つらい時には人が人を癒すことを感じることが出来ました。

精油の治癒力を体感することも出来ました。

豊かな充電期間でした。

 

Fe6b66a2da204665a7a5b25b60c3fab0

新作イリスの雫は、

感謝の気持ちを込めて作製しました。

まもなく、

【銀座・新潟情報館 THE NIIGATA】のオンラインサイト

 

銀座でもお目見えする予定です。

 

 

お陰様で

充電満タン!

 

本日も、ラベンダーと共にアロマテラピーの有用性を多くの皆さまにお知らせしてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

受講生の声『香りのこと、アロマテラピーを学んでよかった』

いつもありがとうございます。

ナード・アロマテラピー協会認定校アロマレーヌ真木美智代です。

 

今日は受講生さんからうれしいご報告がありましたので、

シェアいたします。

*************************

 

2017年8月、アロマ・アドバイザーコースご入学、

その後、アロマ・インストラクター資格を取得、

経営されている歯科医院で院内芳香浴を実践されている歯科医師のKさんからのご報告です。

Seiyu

 

『先日、歯科の診察現場で、私、アロマテラピーを学んでいて本当に良かった、と思う出来事があったんです!」と。

 

彼女はアロマ・インストラクター資格取得後も

毎月1回のアドバンスコースに継続して受講いただいておりますので、

レッスン時に様々なアロマテラピー関連のお話をし

情報交換をさせて頂いているところです。

今年の8月で、ご入学からまる7年のお付き合いになります。

医師歴数十年。

 

*******************

 

先日、嘔吐反応が強すぎて

歯科診療を受けることが困難だという

新規の患者さんがいらっしゃいました。

口を開けると以前のトラウマがよみがえり、

吐き気を催すんだそうです。

 

 

男性患者さん、年齢は20歳代前半。

嘔吐反応が強くなったきっかけは、

ご本人が話すことには、

乗り物の中で「香水の強い女性」の隣にいて、

混雑のため、においがきつくて移動したくてもできない、全く身動きのできない状態で居合わせたことが原因だ、とのこと。

 

私たち、アロマテラピーを学んだものは、

市販の、

人工香料や保留剤から成る香水や、柔軟剤の、いわゆる「香り」と、

 

 

天然植物精油(アロマ)の「香り」では、

 

全く心身への影響が「異なる」ことを熟知しており、

 

人工香料は、香りになれていない人体には「ストレス」そのものとなり、

頭痛、吐き気をもよおすこともあるのです。

 

歯科医師でアロマインストラクターの生徒さんは

その違いを、

7年間のアロマテラピーの学びと、

ご自身や家族への実践経験の中で熟知されていますから、

 

トラウマを抱える患者さんの「香りにまつわる、お気の毒なお話」を

まるでセラピストの様に親身になって、

「共感」の中でじっくりと聴いてさし上げたことでしょう。

 

患者さんの当初の予定では、

大学病院への「紹介状」をここで書いてもらって終了、とのことでしたが、

 

歯科医師でアロマインストラクターの生徒さんは

・・・もしかしたら、大丈夫かもしれない・・・と感じて、

患者さんに勇気をもって申し出ます。

「試しに、私の診察台へ座り、お口を開けてみませんか?」と提案。

この歯科医院では、天然精油の芳香浴がなされ、

待合室は、lavenderやかんきつ、樹木精油の良い香りで

明るくほのぼのした空間になっています。

 

すると、患者さんは、促されるままに素直に診察室へ

鍼灸の手のツボ(嘔吐反応を緩和する・これも大切)を押しながら診察。

「あ、大丈夫ですね(*^^)v」

 

その後、この患者さんは

彼女の患者さんとなり、

今も通い続けているそうです。

 

彼の表情が

どんどん明るくなっているのも見て取れて、

歯科医師でアロマインストラクターの生徒さんも満足そう。

 

彼女は言います。

「香りが、良くも悪くも心理面に深く及ぼす影響を改めて感じさせられました。この方の場合、心地よい匂いではなく、「臭い」の方だったのでしょうね。私もとてもいい経験をさせて頂いてます。」

香りの世界は奥が深く、

これでおしまい・・・ということはありません。

 

周囲に、

幸せな人を増やしてまいりましょう。

happy~♡

 

 

**************************************

 

NARD JAPAN認定校アロマレーヌ 新潟市西区西小針台

最寄り駅は、JR小針駅

 

新規受講生 随時募集

 

お問合せ aromareine@gmail.com

 

 

 

| | コメント (0)

 6/22(土)雪里フェア特別企画 十日町市あてま高原でアロマセミナー&workshop参加者募集

6/22(土) 13:30~15:30 
新潟県十日町市 あてまリゾート内
 
環境省グッドライフアワードを受賞した2団体が協働して開催するイベントです。
 
雪里フェア特別企画
「睡眠力を高めるアロマWorkshop 4種」
ご予約不要
無くなり次第終了
 
会場はあてまリゾート内の森のホール。
物販もあります。
お待ちしています。
所要15分~30分
 
6/22(sat)10:00 蒸留体験付きセミナーはこちら
 
04983781100x720 3a141100x720 20623051100x720-1 54391100x720 
#雪里フェア2024
#睡眠力を高めるアロマ
#アロマワークショップ
#新潟ラベンダー物語
#グッドライフアワード受賞

| | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ